向き不向きがある電子コミック

電子コミックでいい点や不便なこと

当たり前のことかもしれませんが、今まで主流だった紙の漫画と電子コミックを比べると明らかに作りが違います。このように元々媒体が違っているため明確な向き不向きが生まれます。
電子コミックは使いにくい…と感じている人は多いと聞きます。媒体が違う為にこのような「向き不向き」が出てくるのは仕方ありません。
また紙の漫画の場合見開きという両方のページを使った表現方法があります。左右ページを使って一コマ魅せる、という表現方法ですがこれが電子コミックの場合、また見方が変わってきたりするのです。
タブレットであれば画面サイズは変わりません、そのため見開きにする場合横にした状態で閲覧しておく必要があり、本の形に縛られた利用法をするのであればそれはタブレットでの閲覧の利点を殺すことに等しいわけです。
故に、既存の紙媒体のコミックをそのまま電子化しても大した得られるのは場所を取らないとか、そういった利点にとどまります。電子コミックには電子コミックとしてのふさわしい形が存在するはずなのです。

矢印画像

それがどういう形であるかは今に至るもまだ模索段階にあると思われますが、その一つの可能性を提示しているのがCOMICOという縦読み漫画の配信サイトです。
縦にずっとスクロールしていく形は紙の本では再現しようのない、電子コミックならではの形をとっており、画面がずっと続いていくことによる今までの媒体とは異なった表現の可能性を示してくれています。
電子コミックに向いた漫画や、それを描く事ができる漫画家さんはこうしたところから生まれてくるのではないかと思います。

↑ PAGE TOP